老犬と楽しく長く暮らしたい

可愛いペットと飼い主のための生活情報

老犬用ドッグフード 老犬の食事

オリジン シニアの成分・口コミ評判を徹底分析!最安値はどこ?

投稿日:2019年8月7日 更新日:

数あるドッグフードの中でも、高い知名度で安定的な人気を誇るオリジン。
子犬の頃から食べさせているから安心感があるという飼い主さんもいらっしゃるでしょう。
「オリジン シニア」は老犬期を迎えた犬たちのために作られたプレミアムドッグフードです。

1985年の創業以来「生物学的に適正であること」に着眼し、犬や猫が健康に長生きするために必要な食生活を研究し続けてきたオリジン。
そんなオリジンが自信を持って提供するオリジン シニアは、どんなドッグフードなのでしょうか。
今回はそんなオリジン シニアについて、気になる成分やこだわり、口コミや最安値までまとめました。

オリジンは数々の受賞歴を誇る5つ星ペットフード

オリジンの製造元であるチャンピオンペットフーズ社は、4半世紀に渡り数々の賞を受賞してきたカナダのペットフードメーカーです。
「生物学的に適正」をモットーとし、地元カナダ産の新鮮な原材料だけを使用しています。
ペット達を家族として尊重する精神は、フードを製造する場所を「工場」ではなく「キッチン」と呼ぶところにも表れ、ここにはフード加工のエキスパートが世界中から集められています。
ケンタッキー州にあるキッチンは工業団地とかけ離れた、農耕地と一体の自然に囲まれた場所に建てられています。

オリジンとはラテン語で「起源」や「始まり」を意味し、犬や猫が進化する上で必要となっていった食事を再現したいという熱意から生まれました。
そんなオリジンの製品は国際的に高い評価を得て、ワシントンのグリセミックリサーチ研究所がペットフードに与える国際的な賞「ペットフード・オブ・ザ・イヤー」を3年連続で受賞しています。
この賞の選出はかなり厳しく、原材料、血糖反応、糖尿反応、抗加齢成分など徹底的に審査され厳しい基準をクリアした上で与えられる名誉あるものです。
市販されているペットフードの中ではオリジンが唯一の受賞となっています。
また、アメリカのドッグフード雑誌「WDJ」でペットフードの5つ星を獲得したことから、日本でも広く知られるようになりました。

オリジンはフードの開発から原材料の確保、製造、パッケージ詰めに至るまですべての工程を自社のキッチンで行っています。
他社に外注することなく一貫して自分たちの手で作り上げているので、品質管理が行き届いている印象が強いのも信頼されるポイントでしょう。

オリジン シニアのこだわりの成分

オリジンドッグフードの成分は、生物学的に適正な食事を実現するため原材料がこだわり抜かれています。
まず、生物学的に適正とはどういうものなのか気になりますね。

小型犬から大型犬まで、あらゆる犬は同じDNA形態を持っています。
犬や猫の遺伝子上の親は灰色オオカミであり、オオカミはもちろんハンター(肉食動物)です。
どんなに進化が進んでも、尖った歯や強い顎、短い消化官を持ち、動物性タンパク質や脂肪を代謝するのに適した構造をしています。
加えて人間や草食動物と違い、植物や炭水化物を消化する消化酵素(アミラーゼ)を持っていないのです。

このことから、犬は肉由来の動物性たんぱく質をメインとした食事が最も適切であり、エネルギー摂取に欠かせないものと言えるのです。
また、余計な加工を加えない新鮮な肉や魚は、たんぱく質や脂肪が最も良質な状態であり、犬が好む自然な風味があります。

オリジンは「ディハイドレード製法」という高度な製造方法で作られていて、これは栄養を壊さないように低温で調理する方法です。
これにより素材が持つ豊富な栄養素をそのまま摂ることができ、余計な添加物を加えなくて済むのです。

・新鮮で豊富な動物性たんぱく質

年齢を重ねた老犬はたんぱく質を代謝させる機能が低下していきます。
筋肉を構成し維持するためのたんぱく質は老犬には特に欠かせません。
姿勢を保つ、起き上がる、座る、歩く…あらゆる動作は強く健康な筋肉があってこそ可能です。
そんな筋肉を健康に保つためにたっぷりの動物性たんぱく質が助けとなります。

オリジン シニアは原材料の80%以上が肉類であり、人間用食材としての認定を受けています。
餌に抗生物質やホルモン強化剤は使用せず、自然の中でのびのびと放し飼いされた鶏や七面鳥が、毎日保存剤を使わずに新鮮な状態で搬送されます。
農場からキッチンまで3日以内に届き、2日以内でフードになります。

自然の豊かな栄養をたっぷり蓄えたお肉が、犬たちの健康を支えてくれるのですね。
そんな栄養豊富な鶏に産み落とされた新鮮全卵も、大切なたんぱく源となります。

引き締まった筋肉と最高の健康状態をサポートするための栄養がたっぷり詰まっているのですね。

・新鮮な丸ごと天然海水魚

大西洋産ニシンやサバ、イエローテイルカレイ、シルバーヘイク、アンコウ等の魚類が含まれ、必須DHAとEPA、オメガ3脂肪酸などの栄養がたっぷり摂れます。
天然魚はコンドロイチンやグルコサミンも豊富に含み、丈夫な骨をサポートしてくれる働きがあります。

・新鮮野菜&フルーツでビタミン摂取

カボチャやバターナッツスクワッシュ、青菜やニンジンなどの野菜が含まれ、これらは可溶性繊維(※)になるだけでなく天然の抗酸化剤となります。

また、ケンタッキー州の地元果樹園で太陽の日差しを浴び熟したレッドデリシャスリンゴや、バートレット梨などのフルーツも含まれ、これらは良質なビタミン・ミネラルの補給になります。
※大腸内で乳酸菌やビフィズス菌等の「善玉菌」の栄養源となり、消化をサポートし腸内環境を整えます。

・グレインフリーの低炭水化物

動物性たんぱく質をエネルギー源とする犬は、生物学的に炭水化物を必要としません。
一般的なドッグフードはお米や小麦・トウモロコシ・じゃがいもやデンプンなどが多く使われています。
これらの炭水化物は消化が早く、血糖値を急上昇させ脂肪蓄積の原因となる高GI炭水化物です。
肥満や糖尿病の要因となるので避ける必要があります。
穀物を含まないオリジンは、レンズ豆やカボチャ、青菜やフルーツなどの低GI炭水化物を使って炭水化物の量を20%に制限しています。

・オリジンのための地元産ハーブ

オリジンのドッグフードには、心身の安定に役立つハーブも使わています。
ハーブを含んでいるドッグフードは珍しいですよね。
ハーブには体の特定の臓器と組織を強化する働きや、肝臓の洗浄や体内毒素の除去、消化を促すなど種類によって様々な役割があります。
オリジン シニアにはジュニパーベリーやローズヒップなどのハーブが含まれています。
ジュニパーベリーには食欲の増進や胃腸機能を整え正常な活動にしてくれる役割があり、ローズヒップは抗酸化作用が高く免疫力もアップするので老犬に嬉しいハーブです。
ケンタッキー州の太陽のもとでオリジンのために栽培されています。

オリジン シニアのカロリーは大丈夫?

オリジン シニアは全原材料の80%がお肉であり、これは一般的なドッグフードの約3倍です。
犬の体は動物性たんぱく質中心の食生活により、健康な体を維持できるようになっています。
しかし、お肉の割合が多いと聞くとカロリー過多が気になってきますよね。

オリジン シニアが含有する363kcal/100g中、38%がたんぱく質、19%が炭水化物、15%が脂肪によるものです。
オリジン シニアはたんぱく質と脂肪由来のカロリーがより多く、炭水化物由来のカロリーが少なくなっています。
これは自然の食事を再現するカロリー配分ですので、肥満や糖尿病になるリスクを削減します。

オリジンドッグフードには8種類のラインナップがありますが、シニア向けフードの特徴は肉類にあります。
シニアタイプは七面鳥などの鶏肉や魚が主原料で、牛肉や豚肉は使われていません。
糖質や脂質といったものを抑えながら、良質なたんぱく質はしっかり摂れるようになっているのですね。

肥満対策でオリジンがこだわるのは「体重を減らす」ことではなく、個体本来の「適正な体重に戻す」こと。
それぞれの個体が持つ理想的な健康状態に戻し、それを維持していくことを目指しています。

オリジン シニアの給餌量

愛犬の食欲は把握していても、ドッグフードによって適切な分量は変わってきます。
誤った分量を与えて肥満や栄養不足に陥らないようにしましょう。

オリジン シニアのパッケージに記載されている給餌回数は1日2回となっていて、分量も一般的なドッグフードに比べて少なめです。
それでは満足しないのでは?と思われるかもしれませんが、一粒一粒に栄養がたっぷり凝縮されているので十分な栄養摂取になります。
いつでも飲めるように新鮮できれいな水を一緒に用意し、頻繁に取り換えてあげましょう。

パッケージの表記では体重2㎏の子で40g、5㎏で90g、10㎏で160g、20㎏で270gとなっています。
しかしこれらはあくまでも目安です。
給餌量は運動量・年齢・季節(環境)・犬種・活発さによって大きく変わります。
愛犬の体重増減、便や毛艶など体調を見て、ぴったりの量に調節しましょう。
与え始めは体重が増えたり減ったり変化しやすいので必要に応じて加減してくださいね。
何g与えたかを量って記録し、カロリー管理に役立たせてください。

また、急にフードを移行させると消化器に負担をかけてしまうので、新しいフードはゆっくりと時間をかけて変えてあげましょう。
与え始めは「今まで与えていたフード8:オリジン2」の割合からスタートし、徐々にオリジンの割合を増やして1週間~10日程かけて移行して下さい。
移行時期に便が緩むことがありますが、消化スピードに慣れて腸内環境が整っていくにつれ健康的な便になります。
長く緩みが続く場合は一旦給与をやめ、便の調子が落ち着いてから、記載されている給与量から1割~2割少なめに与えて様子をみてください。

保存剤が使用されていないので、保存方法は湿気のない冷所か冷蔵です。
開封後はバッグができるだけ真空状態になるように上からしっかりと丸めて保管して下さい。

オリジン シニアのデメリット

・価格が高い
・粒が大きくて硬い

オリジンのデメリットといえばまず出てくるのがお値段が高いことです。
しかしこれはハイクオリティなフードを求めれば避けられないことかもしれません。
他のフードと混ぜて与えたり、セールやアウトレット品を上手に活用しましょう。

また、オリジンのドッグフードは他社のフードと比較するとキブル(粒)が大きくて硬いという意見が見られます。
活発な成犬など若い子には問題ないかもしれませんが、噛む力が衰えた老犬には負担になる可能性があります。
愛犬が食べにくそうにしている場合は砕いたりふやかして食べやすくしてあげましょう。
肉主体で穀類や小麦粉を使用していない分、粒が硬くふやけにくいフードです。
かといって熱湯だと栄養価が下がるので、ぬるま湯を加えて少し置くことをおすすめします。

オリジン シニアの最安値は?

オリジン シニアはそのクオリティの高さから、他のドッグフードに比べ1日の給与コストが割高です。
少しでも低価格で手に入れたい方の為に最安値を調べました。
今回は国内3大モール、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの3つのサイトで比較しました。

  <340g> <2kg> <5.9kg> <11.3kg>
通常価格 ¥1300
(税抜き)
¥6000
(税抜き)

¥14500
(税抜き)

¥21000
(税抜き)
Amazon ¥1225+送料 該当商品なし ¥10915
(税・送料込み)
¥19483(税・送料込み)
楽天市場 ¥1151
(税・送料込み)
¥5443
(税・送料込み)
¥12980
(税・送料込み)
¥15800(税・送料込み)
Yahoo!ショッピング ¥1300
(税抜き+送料)
¥5443
(税・送料込み)
¥12980
(税・送料込み)
¥15800(税・送料込み)

全体的に見て楽天市場が一番お得な印象がありました。(2019年8月現在)

ただどのサイトも随時セールがありますので、購入のたびに比較してみることをおすすめします。
アウトレット品として低価格で販売されているのはパッケージ不良がほとんどのようで、ドッグフードの品質には問題ないと思われます。

オリジンの公式ホームページはこちら

オリジン シニア “訳あり” とはどんなもの?

オリジン シニアを販売するお店で「訳あり」として通常価格よりかなり安値で販売している所を見かけます。
安くて助かるけれど、ドッグフードのアウトレットって大丈夫・・?と心配になりますよね。

最安値のアウトレット品で少し触れましたが、楽天市場やYahoo!ショッピングで見られる訳あり品は、パッケージ不良やラベル不良によるものでフードに影響はないものがほとんどです。
購入者さん達のレビューを拝見しても、フードの品質には何の問題もないようなので、安心して大丈夫だと思われます。

その他の理由は「賞味期限があと3ヵ月」「賞味期限印字不良」などきちんと記載されています。
パッケージ(袋)の傷、汚れ、破れがほとんどです。
なぜ訳ありなのか説明のないお店は避けるか、問い合わせて説明を仰いで下さい。
しかし、稀にアウトレットの理由が「賞味期限が切れている」というものがあります。
これはやはり避けたいものですね…。

愛犬がオリジンしか食べない、経済的に厳しいけれどオリジンを食べさせてあげたい…そんな時にアウトレット品は助かります。
アウトレットの理由を理解した上で購入を検討しましょう。
※上記の表にはアウトレット商品の価格は記載しておりません。

オリジンシニアの口コミ

実際に愛犬にオリジンを与えてみた飼い主さんの生の声はとても参考になります。
ここでは飼い主さんたちの様々な感想を拝見し、際立ったご意見をまとめてみました。

・開封した時の香りが良く、丁度いい大きさで食いつきも良い。品質は良いと思いますがお値段が高く続けにくいかも。。

・3年程前からMダックス(16歳)に食べさせています。足腰の衰えが出てきて少しでも良いものを…とオリジンを与えたところ、3ヵ月ほどで足のふらつきが治まり力が入るようになりました。
以前はスロープを使っていましたが、今ではスロープの上をジャンプして飛び越えています。

・品質は素晴らしいのですが、チワワには粒が大きめなので小さく砕いてあげています。

・国産のお高めのドッグフードを与えていましたが高確率で残していました。オリジンに変えてからは、袋を開けると催促するぐらいに好んでます。全部残さず食べるので安心してあげています。デメリットは価格くらいですね。。

・外国産だからか匂いがきつい気がします。

・以前は大豆タンパクのフードを与えてたのですが、その時とは比べ物にならないほど体調が良いです。やはり犬には肉が必要なんだなあと思います。

・高いので他のドッグフードと混ぜてやり繰りしています。

・他のフードからの切り替えですが問題なく食べてくれました。袋にジッパーがついてないのが残念。

皆さんの感想を見ていると、やはり価格がネックになっている方が多いようでした。
そしてやはり小型犬には少し粒が大きめという意見がちらほら見られました。ジップロックに入れて砕いたり、お湯でふやかしたりして工夫されいてました。

やはり総合的に評価の高いオリジンですが、価格など消費者にとって厳しい部分があるので、予算と相談しながら判断したいところですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回はオリジンシニアの成分や評価についてご紹介しました。

オリジンの手間を惜しまない製造、徹底した品質管理が世界中のペット愛好家に信頼される所以だと感じます。
愛犬が老犬期になり、新しいシニア向けフードを探される方にはぜひ試してもらいたい高品質なフードです。

健康に長生きしてくれるように愛犬にぴったりのフードを見つけてあげて下さいね。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

-老犬用ドッグフード, 老犬の食事

執筆者:

関連記事

老犬ラブラドールに必要な栄養と人気のドッグフード3選

  温厚で社交的、学習能力に優れるラブラドールレトリバー。 その特徴を生かし、盲導犬や災害救助犬としても活躍する大変利口で親しみ深い犬です。 ほとんど攻撃性を見せることのない優しい顔立ちは、いつも飼い …

老犬の水分補給の大切さと与え方

  健康維持のために水分補給が重要なのは人も犬も同じですが、年齢を重ねた老犬に水分を与えるのは大変ですよね。 食欲が低下するだけでなく、筋力の衰えで思うように体を動かせなくなった愛犬が、一生 …

老犬チワワの健康を守るドッグフードの基礎知識

小さな体に大きな瞳が愛らしいチワワ。 日本ではトイプードルに次いで二番目に登録数の多い大人気の犬種です。 体の小ささから脆弱なイメージを持たれがちですが、平均寿命が12歳~20歳と犬の中で最も長生きと …

老犬が食事を食べないときのレシピ17選

愛犬が加齢で食事を食べなくなると不安ですね。 食事を食べなくなる理由は、加齢による老化現象であることがほとんどで自然なことです。 でも、美味しそうに食事をして、少しでも元気でいて欲しいですよね。 老犬 …

老犬におすすめの人気ドッグフード10選、栄養たっぷりで美味しい!

犬の平均寿命は、30年間で2~3倍に増えたと言われています。 1983年(昭和58年)の調査では、犬の平均寿命はわずか7.5歳であったことが記録されています。 それに対し現在の平均寿命はなんと14.2 …